株式会社キーマンとはどんな会社なのかを知ろう

株式会社キーマンは建築物のメンテナンス専門の会社

株式会社キーマンとはどんな会社なのかを知ろう

工事現場

建築物のメンテナンス・スペシャリスト

株式会社キーマンは、大阪府に本社を置き、建築物のメンテナンス・スペシャリストとして活躍している企業です。主に建物の耐震診断を行ったり、耐震補強工事を行ったりしています。キーマンが工事を行っている建築物の幅は広く、橋や高速道路、鉄道、集合住宅など多くあります。

キーマンの耐震診断の流れ

株式会社キーマンは、耐震診断を依頼できる会社です。耐震診断の流れは、築年数の確認や図面との整合性確認などを行なう予備調査から始まります。予備調査が終われば、現状診断計算などの耐震診断を行い、そのまま耐震補強設計へと移ります。耐震補強設計では、耐震補強工法の選定や耐震補強の提案などが行われます。これらの行程が終われば、耐震改修工事へ入ります。改修工事を行なうことで、より地震に強い建築物にすることができます。

補助金制度を利用する

建物の耐震改修工事では、補助金制度を利用できる場合があります。この補助金制度は、阪神大震災のあとから始まりました。大きな地震が起きたときに建物が倒壊して被害が出ないように、国が建物改修のためにお金を出してくれる制度です。建物の種類や建物がある地域によって制度を受けられるかどうかは変わりますが、株式会社キーマンに依頼すると、その建物が補助金制度を受けられるかどうかをしっかりと調べてくれます。改修工事は高い費用がかかるので、ぜひ補助金制度を利用して建築物の耐震強度を高くしておきましょう。

高い耐震性が必要な建築物ランキング

no.1

学校・庁舎

全ての建築物には高い耐震性が必要とされますが、その中でも、最も高い耐震性が必要とされる建築物は、「学校・庁舎」です。多くの人が一日のほとんどの時間を過ごし、震災時の避難場所としても使われる学校・庁舎は、特に高い耐震性が要求されます。

no.2

集合住宅

学校・庁舎の次に高い耐震性が必要なのは「集合住宅」です。建物自体も大きく、何百人という人が住んでいる集合住宅は、震災時に倒壊してしまうと甚大な被害を出してしまいます。大きな地震でも問題がおきない十分な耐震性が必要とされます。

no.3

事務所・テナントビル

その次に高い耐震性が求められる建築物は、「事務所・テナントビル」です。経済を支えている会社や企業が入るテナントビルは建物自体が大きいものが多いので、倒壊だけは避けなければなりません。

広告募集中